高齢者福祉の方

身体介護の一例 入浴の介助、排泄の介助(便器の使用介助、おむつ交換など)、食事の介助、着替えの介助、清拭」(体をふくこと)、身体整容(洗顔・歯磨き)、体位変換介助、気象や就寝の介助、移動の介助、外出介助(買い物・通院・銀行など)、服薬介助(薬をのませること)

生活援助の一例 料理、洗濯、掃除、生活必需品の買い物、ゴミ出し、ベッドメーキング、衣類の整理、衣類の修理、薬の受け取り

ご利用までの流れ

①相談・認定申請 主治医意見書と申請書を市区町村の介護保険担当窓口へ提出

次へ

②訪問調査 認定調査員による心身状況などを聞き取り調査

次へ

③審査・判定 訪問調査の結果、主治医意見書をもとに、「介護認定審査会」で介護の必要性や程度について審査・判定

次へ

④認定・結果通知 居宅介護支援事業者の決定と居宅サービス計画案の作成と市介護保険課への提出

次へ

⑤サービス計画の作成 事業所の介護支援専門員(ケアマネージャー)による居宅サービス計画の作成

次へ

⑥サービスの利用開始 申請者がサービス提供事業所と契約を結び、サービスの利用を開始します。