障害者福祉の方

下記のサービスがご利用頂けます。

居住介護 主な対象者 知的・身体・精神・難病・児童 日常生活を営む上で支障ある身体障害者、知的障害者及び精神障害者を対象に居宅での入浴、排泄、食事の介護等を行うヘルパーを派遣します。

space

重度訪問介護 主な対象者 身体・難病・児童 常時介護が必要な重度の肢体不自由者を対象に、居宅での入浴、排泄、食事の介護等、長時間にわたる介護と、移動中の介護を総合的に提供します。

ご利用までの流れ

①相談・申請 市区町村の障害福祉担当窓口に相談・申請します。

次へ

②障害程度区分認定

1.認定調査 市区町村の認定調査員による心身の状況に関する106項目と概況の調査

2.コンピューターによる一次判定、かかりつけ医による意思意見書の提出

3.二次判定 (概況調査・一時判定・意思意見書に基づく)

4.認定・結果通知

5.サービス利用意向の聴取、サービス等利用計画案の提出

次へ

③支給決定 市区町村が障害程度区分や状況、計画案などを踏まえてサービスの支給量などの決定・通知

次へ

④サービス提供事業所の決定 どのサービス提供事業所を利用するかを決定します。

次へ

⑤サービス等利用計画の作成 指定特定相談支援事業者が作成します。 申請者自身による作成も可能です。

次へ

⑥サービスの利用開始 申請者がサービス提供事業所と契約を結び、サービスの利用を開始します。